!

護摩とは

護摩ごまとは炎を用いた成就法(じょうじゅほう)のことで、弘法大師空海が日本に伝えられました。

成就法とは瞑想の一種で、さまざまな真言を唱え、手に印契(いんげい)を結び、ご本尊さまと一体となって皆さまの願いごとを叶えます。護摩は、成就法の後半に木を燃やし、煩悩や罪障を焼き尽くし、福徳を生み出すために行われます。

平等寺では令和2年1月1日から三日間、毎日7座、合計21座の護摩行を行っています。

新年の開運厄滅、身体健全、学業成就、道中安全などをお祈りいたしましょう。

開催概要

開催日

令和2年1月1日〜1月3日

開催時刻

開白 令和2年1月1日午前0時〜午前1時30分

以降、1日は9時から15時まで一時間ごとに修法

2日・3日は9時から16時まで一時間ごとに修法

所要時間それぞれ40分

祈願料

祈願の回数によって異なります

1回祈祷 紙札 2,000円

7回祈祷 木札 5,000円

21回祈祷 木札大 30,000円

お申し込みフォーム

申込者の情報

こちらのお名前とご住所に御札をお送りします。

名前*

例: 谷口 真梁

電話番号*

例: 09065102358

郵便番号*

例: 7791510

祈願してもらいたい人の情報

こちらのお名前を御札に記載致します。

名前

例: 谷口 真梁

ふりがな

例: たにぐちしんりょう

もうひとり申し込む

焼八千枚供 約8時間の護摩

令和2年3月1日 09:00 - 17:00